読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいのぼりブログ

映画、工作、日々思ったことまで〇〇の積み重ね

山登りとモチベーションの上げ方

考え方

モチベーションってのがある。

 

僕は三日坊主。極める前に気が変わって他のことに手を付け始める。

ここでモチベーションをどう保つかを考えた。

 

昔の僕は思い立ったらすぐ行動!とばかりに、興味を持ったらすぐ行動、すぐ準備をしていた。例えば登山に興味を持ったらすぐに山の本を買いあさり、アウトドアショップへ行き「まずは形からだ!」とばかりに必要そうなものを買うといった流れだった。

しかし、よく考えもせず準備した僕は、すぐに自分には向いてないと放り出すといったことを繰り返し繰り返し行ってきた。本当に手のつけようがないと思っている。

登山はそれでも僕の趣味として定着しつつあるが。

 

 

エンジンに例えよう。

トルクはあるが馬力がないみたい。

馬力がないのである程度進んだらそれ以上加速しないで失速する。

 

しかい、トルクはあるのでまた急発信することはできた。

ある程度進むと失速するが。

 

 

そんな自分をコントロールするために、自分の行動に制限をかけてみることにした。

 

 

「思い立ったら、」と、「すぐ行動!」の間に色々イメージするのだ。

 

昔の僕は

 

「登山を始めたら◯◯岳に登ろう」

 

くらい。

 

ちょっと工夫して

 

「登山を始めたら◯◯岳に登ろう!。◯◯岳の頂上はどんなところかな?寒いかな?それとも暖かいかな?それにしても絶景だろうな!そうだそうに違いない!あああ、イメージは膨らむばかりだ。想像した通りの景色だとしたら満足感いっぱいだ。想像と違う景色だとしたら色々覆されるかも!?それもこの目で見たら感動は測りきれないよね!きっと一生の思い出になるし、人にも自慢できちゃうかも!?」

 

これくらいイメージを膨らませてそこに挑戦してみる。

あほらしいくらい始める前にモチベーションを高めることで、

途中で諦める自分はもっとあほらしいんじゃないかと思うようになるまで。

 

これは趣味の登山を例えに出してみた。

実際登山に行きたくない時もある。なんとなくだけど。

忙しくて行けない日が続くとモチベーションが上がって、以前だと想像もしなかった場所へ自分で足を運んでしまうようになった経験から、この心の動きを利用してみることにしたのだ。

 

これからも興味を持って追求したくなるようなことに出会えたら、

「思い立ったら、」と、「すぐ行動!」の間にイメージを発展させる。

 

これも僕の心の動き。

僕にも未だ構造がわからない。